60代女性 右臀部~右大腿後面の痛み

今回は股関節周辺の痛みについてです。

60代女性 3か月前に転倒し、右腰部と右臀部をぶつけ、2日後に朝起き上がれない痛みに襲われ、整形外科を受診。X線の結果どこにも異常はなく、打ち身と診断。その後はロキソニンの湿布を貼り様子を見ていたが、歩行困難で引きづるような歩き方になり、困っていたところ当院の患者様の紹介でご来院いただきました。

検査→まず立位で腰の動きを確認しました。腰を左右に倒す動作、腰を後ろに反る動作で痛みが出ていました。次に寝ていただき、股関節を他動的(本人が動かさず、他人がに動かすこと)に動かした際は、股関節を曲げる動作、外へ開く動作で痛みが出ていました。また歩行する際は痛みがあり、少し引きづっていました。

今回もアクティベータ施術を行いました。

施術後、股関節を曲げる動作では痛みがかなり減少していました。股関節を開く動作は痛みが残るものの減少。

次に歩行していただきました。

すると、歩幅が大きくなり、本人も痛みがなく、スムーズに歩けていることに驚かれていました。

今回はこのように1回で大きく変化が出ましたが、効果の表れ方には個人差があります。

ただ、皆さん3回目ぐらいでは大きく変化していくので、その方にあったスピードでいいと私は考えています。

 

Copyright© むかい鍼灸整骨院 , 2024 All Rights Reserved.